2010年09月25日

テレビの発明

●高柳健次郎のたゆまぬ努力

世界初のブラウン管式テレビ受像機を作ったのは高柳健次郎。
何年間も研究を続け、1926年(大正15年)、ついに「イ」の字をブラウン管に映しだすことに成功した。

1959年(昭和34年)、皇太子成婚の中継をきっかけに、一般家庭にも普及し始めた我が国のテレビ受信機は、10年後の1969年(昭和44年)には生産台数世界1位となった。

子どもの頃から模型作りや機械、そして「電気」に強い興味を持っていた高柳は、教師を目指して東京工業大学に進学。
ここで「流行の技術をやるのではなく、未来の日本のためになる技術を作り上げろ!」という中村教授の教えに感銘を受ける。

高柳の発想が、何とも素晴らしい。
「電話で声が伝わるのならば、顔や姿、つまり画像も伝わって見えるようにできるのでは?」
さらには、「ラジオ放送は無線で声を送っている。ならば映像も無線で送れるはず」と考えたのである。
高柳は「無線遠視法」と名付けたこの研究にのめりこんでいく。

「のめりこんでいく」というのが素晴らしい。
あなたには、のめりこんでいく対象があるだろうか?

1926年12月、高柳は、長年研究を重ねた結果、とうどう世界初のブラウン管式テレビ受像機を完成。イロハの「イ」という文字を映し出す。
そのテレビの走査線数は40本であった。
さらにその後、1928年(昭和3年)、動く被写体の送像のテレビ実験に成功している。

その後、戦争を挟んで、高柳は日本ビクターに入社。「テレビジョン同好会」を創設し、会長となる。



■ホーライ製薬(架空の会社)
http://horaiseiyaku.seesaa.net/


■医薬品ができるまで
http://chiken-imod.seesaa.net/


■ハードボイルド・ワンダーランド日記
http://hard-wonder.seesaa.ne


■ホーライのブログ集
http://knowledge-forest.seesaa.net/



posted by ホーライ at 03:01| Comment(0) | 国内の発明 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。